空白の街

すきなもののはなし

虹に輝く

柳浩太郎D-BOYSを去った

今日はそんな柳の誕生日
ただの柳浩太郎として迎える31回目の誕生日

寂しくもあり少し不思議な気持ちでもある。
きっと柳はどこにいても柳なんだろうな、と思う。


私の若手俳優オタク生活は柳なしでは語れない。私の若手俳優オタクのスタート地点だ。

あの頃のグループの冠番組に出演していたメンバーももう片手で数えられるくらいしか残っていない。

何人もの仲間たちがブログで柳のことを語っていたけれど、それだけ初期メンバーにとっても大きな存在だったのだと思う。

もうすでに去っていったメンバーのコメントが聞けないことも少しだけ寂しい。


柳が演じる姿を生で見る日はついぞ来なかったけれど、あの日ステージの上で自分の言葉や気持ちをひたむきに伝える姿を見れたことは大切な思い出だ。



また会えることを祈って

誕生日おめでとう、風邪引くなよ



.