空白の街

すきなもののはなし。基本的に備忘録

『2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」ver.BLACK』(4/29)感想

ver.WHITEを観劇したあと同行してくれた妹*1 とファミレスで腹ごしらえしながらひとしきり感想を語り合ってパンフ読んだりアンケ書いたりして、ソワレに備えてました。
ソワレは通路側だったのでいろいろ覚悟して行きました。


まず衣装がスチールの時から進化してる!*2
最初はサテンらしき生地で始さんのあの紫のベルトとか恋くんのベルト、バングル作ってたけど本番では全部エナメルらしき素材になってたし、春さんのシャツとかちょっとガタガタだなって思ってたの綺麗になってた。あと葵ちゃんのフリルとかかけるんのリボン、新のスカーフも生地とか色味変わってて、見てわかるほどブラッシュアップされてた。
あと今回個人的に一番の発見はLUIさんのお芝居。初めて観たけどすごく好きです。リダズダンスの踊り分けとか表現とかすごいなぁとは思ってたけど、お芝居も個人的に好きだったので他にもいろいろ見てみたいと思いました。ダンスは恋くんらしい元気さもありつつターンとか一つ一つの動きが綺麗で流石でした。


以下順を追いながら感想です。

・ツキラジ
グラビも同じようにツキラジからスタート。パーソナリティは駆&恋の年少組にゲストは隼。
プロセラの話を振られたのに始の話したり、「バ○ス」とか「蝋人形」発言とかなんかイメージと違うなとは思ったけど、そこはツキウタ次元のメディア用の分かりやすい隼様のキャラ作りなんだと思うことにしました*3
「走ってらっしゃい」って言われてかけるんも恋くんも本当に走りに行って私の真横を駆け抜けていきました。
前説の隼さんは茶目っ気たっぷりでいちいち面白くて友常ズルいなって思った。


ライブパート①
・Gravity!
始さんの「Six?」の呼び掛けに客席の「グラビティー!」の掛け声で始まったユニット曲。このやり取りもツキフェスからの流れですね。
こっちのダンスもほぼダンサーズ版のままで、コンビごとのやり取りが増えたかなという感じ。舞台版でも年少のハート作る振りは健在でした本当にかわいい

・だってまだまだアバンタイトル
これすっごい振付覚えたくなった!かわいかった。2人の掛け合いのとこも楽しかったです。

・恋忘れ草
年長、着物を羽織って登場。沸き立つ客席と横でドン引きしてる妹。地獄か。予想はしてたけどかなり振付がアレで、私も唖然としてキンブレ振るの忘れてました。顔で踊る弥生春というワードが忘れられません(良い意味です)とにかく表情でもしっかり表現してくるんですよ仲田くん。

・Rainy Day
恋忘れの衝撃で全然覚えてないですごめんなさい。打って変わって爽やかだったのはぼんやり覚えてます。時間が経って忘れたわけではなく本当にすっぽり抜けてる…円盤で確認したい…


芝居パート
新の誕生日をライブでサプライズでお祝いしたいと葵くんが提案し、みんなでプレゼントを用意、ただし1000円以内という制約の元、それぞれがプレゼント選びに奔走するという話。
みんな考えることは同じなようで絶妙な駆け引き(?)が繰り広げられます。
そんな中、駆さんはやっぱり百均!そこで出会った睦月始のそっくりさん、「百均のカリスマ店員ムツキくん」と駆さんの記憶が強烈すぎて正直ほかのシーン記憶にないです。グラビはアドリブ要素がかなり多くてみんな試されてます…
ムツキくんのオススメ商品物ボケと駆さんの語彙力あるキレキレのツッコミに爆笑しました。以下覚えてるとこ箇条書きで(セリフはニュアンスで)
・ハンガー四角く曲げて「窓の外の景色を教えてあげるよ〜」
・おもちゃの聴診器でUFOキャッチャー
・注射器「左右が逆になります」「何してくれてんだよ!!」
・「おい横尾、お前ダンス上手いらしいな。今度教えろよ」
・(春さんに向かって)「衣装さんハンガー足りないって言ってたけど犯人お前か!!!」
・「使い方の癖が強すぎる!」
この後、新も百均に来て2人に遭遇したんですけど見事なコケっぷりを見せてくれまして
「始さん?!」
「カリスマ店員ムツキです」
「友だちになってください」
の流れにめっちゃ笑いました。
あとどのシーンか忘れたんですけど新が神タンバリンを披露してくれました。凄かった。
それから葵くんはクッキーをプレゼントしようと焼いたんですがみんなに食べられてしまって「おい、始ーー!!!…さん」ってなってました。


ライブパート②
GRAVITY!終盤からスタート。ユニット曲は劇中3回(カテコ入れて4回)踊るんですよね。どうにも春さんの動きが気になってしまう…

次のソロメドレー以降が、いろいろあって全く集中できなくてほとんど記憶にないので覚えてるとこだけ…
・聖夜も労働ingなう!(葵始)
・氷輪紫鬼(駆恋)
・Me-lo-dy(始春)
・ウグイス・コード(恋新)
・桜とともに君だけを(春葵)
ダンスに布を使ってたんですけど、布を引っ張るとき春さんと葵くんが上手くいかなくて最初もたついてたけど持ち直して踊りきってました。
カルミアと五月雨(新駆)

・イノセンシア
「しまっておければいいのに」のとこの振りがすごい好きです。*4
・ハジマリノハル
・月と、星と、まぼろしと

そして確かこの曲が終わったところで始さんがヴァイオリン生演奏でハッピーバースデーを披露。始さんからのプレゼントはこの生演奏でした。葵くんはケーキだったはず…春さんと恋くんが被っててカピバラグッズだったんだけどどう見てもたわしのおばけです。駆さんはなんかもうだめです。たわし。もうタワシがカピバラにしか見えません。ちなみにこのタワシも座席抽選プレゼントでした。なんと当たりました、妹が。*5

・GRAVITY!
最後は客席降り。始さん甘いいい匂いでした。春さんの香水はキツかったです。葵くんとはハイタッチしました。すっごいかわいかったたつきち葵くん。一人ひとりめっちゃ丁寧に優しくハイタッチしてくれた…妹は完全に葵くん推しになってました。

そしてアンコールで、カテコが始まって全員が捌けてWアンコールで日替わりコーナー突入でした。
今回は恋くん持ち込みでみんなの質問などに答えちゃいます!というコーナーで、挙手制で恋くんに選ばれた人が誰に何をしてほしいのか言えるというもの。これ客席のみなさん空気読みすぎで、あの公式SSの壁ドン大会再現のようになってました。全員壁ドンお願いしてんだもんすげぇよな。エア壁ドンでそのお客さんがいる方向に向かって相方に壁ドンしてセリフを言ってました。確かみんな「好きだ」的なセリフだった


プロセラ公演に比べて記憶力がダメすぎる。
グラビの方は完全にギャグに振っててアドリブも多くて本当に終始腹抱えて笑ってました。通路は全員通ってくれたので必ず匂い嗅いでたんですけどみんな嗅ぎません??私だけですかね…リダズ以外は特に匂いしませんでした。めんじょー始さんの香水は個人的に好きな香りだったので気になる。
あと、白も黒もみんな生で見たほうが何倍もかっこよくて本当にあのキービジュ何とかなんなかったのかなって思います。多分これずっと言い続ける…
それと、俳優さんに歌ってほしいって人もいただろうけど私はこの形がベストだったなぁと思います。

とりあえず、同行してくれた妹が楽しかったと言ってくれたのでホッとしました(プロセラの時ずっとピリピリした空気を放っていた)。グラビの時はプロセラで慣れたぶん最初からコーレス参加してくれてたし。あとは素敵な俳優さんを新たにたくさん知れたのが個人的にはいい収穫でした。

*1:この時点では過去の特別号とSS本を一通り読ませ、ドラマ1,2とユニソンを聴かせて布教済み。とりあえず公式垢はフォローしてるけどまだそんなにハマっていなくて推すなら葵ちゃんかな程度だった

*2:これプロセラもだったけど海夜のインナーが変わってたってことしか分からなかった。海さんの衣装ちゃんと原作に寄せてくれてた

*3:あくまで個人の感想です

*4:年少デュエットの2曲は、内なる魂のお二人がツイッターでちょこっとだけ動画あげてくれてます

*5:今も袋に入れたまま飾っているらしい

『2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」ver.WHITE』(4/29)感想

先日のツキステ会の模様も記憶に新しいツキステですが、感想を書こうと何回も書き直してたら観劇からも千秋楽からも1ヶ月経ってました。
自分のツイートとメモとおぼろげな記憶を頼りに感想のようなものを書いていこうと思います。(ネタバレ含みます)



ツキステ、観に行って良かったなぁと思いました。原作監修入ってるだけあって、どのキャラもファンがずっとイメージしていたものに寄り添うような芝居だったんじゃないかと思います。脚本も原作の方で安心のクオリティ。でもそれ以上にとにかくキャストみなさんがドラマCDを聴き込んでキャラをよく研究してくれたんだなって思いました。
友常の隼さんは、ツキラジを除けば概ね私がイメージしてたプロセラリーダーの霜月隼だったし、友常の演技力には終始感服しきりだったし、この人の芝居もっと見たいと思いました。あと谷くんの芝居もいろいろ見たくなりました。
個人的には隼さんの練習着が蛍光色で、三角座りしてた時に顔面に反射して黄緑になってたのがいまだにツボです。なんであの色にしたんだろう…目の色…?

キャスティングの妙というか、過去に共演経験のある友常と土井ちゃんが年長組というのは個人的にものすごい安心感があった。さらに年中組の鷲尾くん谷くんは同い年で共演経験も豊富。年少組は今回が初対面。一から関係を作り上げていくさまはどこか涙と郁を彷彿とさせる。どのコンビをとっても原作の空気感に合った配役だったなと思う。


・ツキラジ特別編 in 星陵会館
パーソナリティーはお馴染み涙&郁の年少コンビ。ゲストに始さんを迎えて楽屋からお届け、という設定。
途中、隼が乱入してくるサプライズ。
「始」というところを「海」と言い間違えて「もちろん海も好きだけど」カバーしてたところが印象に残ってて、このアドリブが流れるように出てきたもんだからうっわーこの人分かってるわって思った。すごい。ここ本当にカバーの仕方うまいと思った


ライブパート①
・ONE CHANCE?
振付はダンサーズ版から若干の変更が加えられてはいたけど、元の振りを生かしつつという感じでした。ワンチャン?の振りってビシッと決めないとかっこ悪く見えるから不安だったけどすごいよかった。コンビごとの絡みも増えてより楽しめる振付になっていました。私はダンサーズ版の時から郁の『舐めて欲しいんだ なんてね』の振付が好きなんですけど、ここもそのまま残っててよかった〜

・DA☆KAI
ABメロの掛け合いのような振付と、Genauのとこの振付が楽しい1曲。ゲナウのところは振りマネしたい。ドラマCDや雑誌にあった通りのナンバーに仕上がっていました。

・Sing Together Forever
これ全然見えなくてほとんど2人の顔しか見えてなかったんですけど、『甘えていいの? 当たり前だろ』のところが2人らしいくすぐったい感じになっていて良かった。

・君に花を、君に星を
海さんが笑顔で踊るのに対して、隼さんは真顔という対照的な表情で踊るのがすごい良かった。あと2人の視線が終始交わらないのも最高。


芝居パート
これドラマCDでも欲しい!って思うくらい雰囲気がウタ。ドラマだった。
踊れない焦りでいっぱいいっぱいな涙とそれに気づけない郁。涙の気持ちが分かるから余計心配な夜。見守る年長組と葉月。
チルフラの振りができなくて何回も2人でやるんだけど、いっくんのテンポがどんどん早くなる流れは笑っていいのかどう反応するのが正しいのかちょっと戸惑ってしまった。
すれ違う郁と涙のシーンの芝居というか動きがちょっと大げさすぎないか?とも思ったけど今思えばあれくらいで良かったのかもとも思う。円盤で確認したい。
途中、隼さんからのフリで森○一と志○けんの物まねを俺ら世代じゃねーし!って言いながらやる海陽郁が面白かったです。そしてなぜか涙もやって、その練習はいいからってツッコまれてた。かわいい
レッスン後の年中組の雰囲気がドラマCDの感じそのもので
「理想のダンスが頭にもあって目の前にもあって」
と苦笑しながら語る夜くんに泣きそうになった。
「郁も踊れる側の人間か?」
「またそうやって線引いて」
って言う葉月がもう最高としか言いようがない。*1
夜くんにとって葉月はやっぱり理想なんだなって思ったし、そんな夜くんが葉月の隣で笑顔で踊ってる姿は胸が熱くなる。
年長組のシーンでは、「まだその時ではないよ」って言う隼さんの顔がリーダーすぎて最高だった。あと涙くんのことをメンバー内でおそらく一番に理解してて信じて待てる海さんはやっぱり兄貴であり保護者だなと思いました。
ここの友常と土井ちゃんの芝居が安定感あってよかったです。すごく年長組の雰囲気が出てた。

翌日はレッスンをお休みして、夜涙郁はうさぎカフェへ。ここで客席後方から3人が特大ウサを抱えて登場したんですけど、お客さんが付けてたウサ。をネタにして夜くんが「隼ウサ」って言ってしまったところがあって、「隼さんウサ」って言い直してました。かわいい。
隼海陽はカラオケへ。金ピカジャケットに鼻眼鏡という出で立ちでアイシクルを歌いながら隼さんが客席に。この曲で合いの手入れてくるのすごい(この前カラオケ行った時これ思い出して腹筋が死んだ)。海がマラカス、陽がタンバリン担当でした。
隼さん、ゲナウを入れろと言われたのに流れたのはゲナウではなく氷輪紫鬼。陽がちょっとだけ踊ってくれました。あと、
「陽はたま〜に僕に対して語尾が強いよね」
「ツッコミだ」
「ツッコミって何?」
から始まった海と陽の漫才。
「はいどーもー」
「葉月陽です」「春さんだよ」「なんでやねん」「これだよ」
「文月海です」「卯月新です」「なんでやねん」「これだよ」
「僕は働きたくな〜い」「お前だよ!」
の流れ最高。何回でも見たい


ライブパート②
ワンチャン?のアウトロからソロメドレーへ

・Rainy moment(バックダンサー:海隼)
涙が傘を持って登場。畳んだ傘をクルクル回して上手く回せたら隼さんが涙の頭をポンポンしてました。かわいい。これ絶対傘使ってほしいと思ってたからすごい嬉しかった。

・さよなら夢花火(涙陽)
海さんが羽織を着てるの見てデジャヴを感じた。

・Genau!(海夜)
これやっぱりゲナウのとこ手振り覚えたら絶対楽しいなって思う。というか欲を言えば一緒に振りやってほしいとこレクチャーして欲しかったけどまぁ無理なのは分かってます(見て覚えられない人間)

・コガネイロ(陽郁)
コガネイロの客席を見て微笑む夜くん最高。「引き出しの縁で行方くらませた」のとこの振りが好きです

・RUN BOY RUN(夜隼)
サビずっと走ってる振付を隼さんが踊ってるのシュールでした。個人的にこの秋組の並び大好きなので私得だった。

・アイシクル(郁涙)
リーダーソロ曲でバックが年少なの最高としか言いようがなくないですか?!涙ソロで年長組バックなのも最高だった


・セレスタイト
君花星かこっちか忘れたけど踊ってる時にふっと微笑む隼さん最高。そう、隼さんはそういうタイミングで笑うよね分かるって感じ(語彙力)

・淡い花
淡い花の時に片手ずつ伸ばして中央で2人の手で花を作って表現する振りがすごい良かったアレ好きです。あの台詞を聞いた上でここで夜くんが笑顔で踊ってるの本当に何とも言えなくて……アウトロの「lalala…」も振りマネしたい。

・Childish flower
あのエピがあったからより引き立つこの曲。練習でできなかったところが上手くいって嬉しそうに笑い合う2人と拍手する客席。ガンガンにノッてる私。それぞれの担当色より白振りたいなと思いました。多分ジャケ絵の花の印象強いからかな

・ONE CHANCE?
最後にもう一回ユニソン!客席降りしてくれました。夜くんが2階まで行って戻ってくるのギリギリになってました。

そしてアンコールするとカーテンコールが始まり(ここまでが本編)、Wアンコールが本当の舞台のアンコールという感じでした。
この後日替わりコーナーだったんですけど、詳細は割愛します。陽の持ち込み企画でお絵描き対決でした。簡単に箇条書きで。
・今日の土井ちゃん「わっしーは辛いものが苦手」
・抽選プレゼントはマイク
・年中が年中すぎた
・長月夜(谷くん)の関西弁
・終始イチャイチャしている年少
・原作ファン笹翼くん圧倒的有利
・罰ゲームの意図を理解していない土井ちゃん

終始わちゃわちゃしてて目が足りなかった。円盤に日替わり全部収録してくれないかなと淡い期待を抱いてる。

細かいとこを突けば言いたいことはいろいろあるんですけど、原作プロセラファンとしては概ね満足な舞台でした。



以下、個人的に推し(夜くん)に対して思ったことなので読まなくても大丈夫です。




これ観たあとしばらくアイドル長月夜の衝撃を引きずりました。上でも何回も言ってるけど。
そもそも私自身が彼をアイドルだと心底思ってなかったということに気付かされてしまった。ステージであんな顔して歌って踊ってるから本当にびっくりしたし嬉しかった。ちゃんとアイドルしてる…って。
夜くんわりと俳優面をクローズアップされてたから、私自身がどんどんアイドルの姿をイメージできなくなっていたんですよね。だからダンサーズ見てもイメージがぼんやりしてて。でも今回のツキステでようやくアイドルとしての輪郭がはっきりした気がします。
「アイドルなのにどうしてできないんだろう」って悩んでいた子が、あんなにも笑顔で歌って踊っていたのがなにより衝撃でした。
さらに「理想が頭にも目の前にもあって」というセリフでも衝撃を受けてしまった。マイスタでも言ってたけど夜くんの理想のアイドルは陽なんですよね。それをより思い知らされました。
陽みたいに踊れないって何度も思ってきただろうし、涙くんの気持ち痛いほど分かるだろうなと。(書いてる途中で、ぼくらのなつやすみ読み返して打ちのめされました)
本当にこのセリフにはいろんな気持ちが集約されている気がして苦しかったです。(谷くんはそれをよく表現してくれてたなーと思うんですけど若干フィルターかかってるかもしれない。)
でもライブでは笑顔で楽しそうに堂々と踊っていて、安心したし嬉しかった。改めてアイドル長月夜が好きになりました。



同日のソワレで入ったグラビ公演についてはまた別で書きます。

*1:下書きにこう残ってたけど何がどう最高だったのか過去の自分に問いたい。でもなんか最高だったんだろうね

10年後の未来を思い描いていた

テニミュ、というか2代目青学に出会って今月で10年経つことに今日気付いた。
彼らは私の青春だった。

彼らを最初に見たのは、某アニメ雑誌の実写映画の特集記事だった。今でもよく覚えてるし切り抜きもとってある…
当時はテニプリ再熱していて、友人からコミックスを借り最新巻まで読破していた時期だった。
そのタイミングで実写映画化を知り、偶然買っていたアニメ雑誌に載っていた記事を見つけて部活中にも関わらず騒いだりしたものだった。

そこからテニミュに興味を持ってCDを聞いたりラジオ*1を聞いたりし始めた。
過去の公演レポやイベントレポなんかも必死に漁っていた。
今思えば、当時は2次元と声優のオタクだったわりに抵抗もなければ順応も早い。まさか自分が3次元のイケメンに興味を持つ日が来るとは思ってもみなかった。

初めて買ったDVDは夏公演の関東氷帝戦。
原作からこの試合が大好きで、キャストも大好きでこの10年一番見ていたDVDだ。
パッケージもだいぶ色褪せてしまった。
それから私が大学生になった時まだテニミュが続いてたら絶対観に行くと決めて、3年生の夏に観に行った。
良い席ではなかったし、離れるキッカケにもなってしまったけど観にいけてよかったと思う。

初めてハマった俳優は足立理だった。私はとにかく彼の菊丸が大好きでそのまま足立理を追いかけ始めた。初めてファンレター送ったのもこの人だった。
DD-BOYSをリアルタイムで追えたのは運が良かったなぁと思う。ハマった時に供給があったのは幸いだった。
数年後にはDボ脱退して、知ったときはめっちゃ泣いた。恨みごともたくさん言ったなぁ…(痛い思い出)
その後また戻ってきてまた辞めて今は別の事務所に落ち着いてるわけですけど。

まぁ彼もこの10年間浮き沈み激しかったけど、これからも細く長く役者を続けてほしいなと思う。私もマイペースに応援していこうと思う。


ハマったばかりの頃、10年後も彼らを応援しているのだろうか、とぼんやり思い描いてた未来はちゃんと存在していた。
10年間ずっと一番に応援していたわけではなかったけれど、ずっと見続けていた。

これから先はまだ分からないけど、まだまだたくさんの夢を見せてほしいなと思う。

*1:マベラジオ。加藤和樹鎌苅健太がパーソナリティだった。部屋中歩き回って電波を探したのが懐かしい…

はじめました

最近ツキプロシリーズがやばい。

なんかもう公式にめちゃくちゃ振り回されてるけどそれすら楽しんでいる状態のしょーもないオタクです。
お陰で最近の口癖は「オタクやめたい」と「財力のあるオタクになりたい」です。
回し者よろしく友人に布教したりしてます(リアルでは周りに仲間がいない)

基本的にこの辺の話をしたくて始めたみたいなところはあります。ツイッターでは語りきれなくて。

あとはその辺に絡んだ声優の話とか観劇レポとかイベレポなんかをゆるっと書いていきたいなと思っています。


とりあえずツイッターでだらだら垂れ流したり語ったりしてることを書き留める場所がほしいなぁと思って始めてみたので、マイペースに更新していければいいかなと!思います!!よろしくお願いします!!

広告を非表示にする